女性

コンプレックスをなくすために

顔のパーツの中で目は顔の印象を左右する最も大事なパーツともいえます。特に女性は化粧をするので二重の人と一重の人とではさらに雰囲気が違います。最近では二重にするための化粧品も多く売られています。やはり二重になりたい人、二重の幅をもっと広くして目を大きく見せたい人が多いからです。しかしまぶたにテープをつける事は色々なリスクがあります。まぶたはとても薄いのでテープを貼り付けることで肌が荒れてしまう人も多いです。また化粧にも時間がかかります。それが嫌で大阪で二重整形を決意する人も多いです。
特に大阪のプチ二重整形だと簡単に二重になれ、値段もあまり高くありません。埋没法というやり方をすることが多いです。まぶたの中に糸を埋め込んで二重を作る手術方法です。切開しないためもし気に入らなかったら元に戻すことが出来ます。ただその反面元に戻りやすいという部分もあります。切開は希望の幅にまぶたをきって糸で縫いつけるため完成までに時間がかかります。目の腫れは1ヶ月くらいで収まります。ただ自然な二重の幅になるまでは個人差はありますが最低三ヶ月はみておいた方がいいです。
大阪のプチ二重整形だと1週間くらいあれば腫れも引き自然な二重になります。どちらの手術もですが時間が経てば二重の幅は小さくなってしまいます。それでも化粧を思い通りにできるようになるので整形する女性は多いです。

二重整形をしたいがしない理由

大阪の二重整形は誰もが憧れる美容整形だと感じます。人間は目が大きいかどうかでだいぶ印象が変わります。目が大きければ女性は美人に見えますし、男性ならカッコよく見えます。私自身は一重まぶたがコンプレックスです。親も兄も二重まぶたなのに、私だけ一重まぶたなので、とても不満があります。一重のせいで目つきが悪くて、写真写りも悪いです。初対面の人と話をしていても怖がられます。なので私自身も思春期の頃は二重整形を行いたいと感じた時期がありました。女性の場合は一重でも化粧の力で目を大きく出来ますが、男性の場合は化粧でごまかせませんし、整形が手っ取り早いと感じました。しかし整形をする事によって、デメリットがたくさんある事に気づいたので、現在の所は整形はしていません。
二重整形のデメリットには色々ありまして、まず1つ目に「失敗の可能性」があります。整形をしたら成功するという保証はありません。綺麗な仕上がりにならない場合もありますし、すぐに一重まぶたに戻ってしまう例もあります。デメリット2つ目に「親に申し訳ない」があります。やっぱり整形は親に対して申し訳ない行為だと感じます。もし整形をするなら親に言うのも大事ですね。
思春期の頃は大阪の二重整形をとてもしたかったで、大阪で二重整形をしたい人の気持ちは分かります。ただ、整形によるデメリットを承知のうえで整形に挑む事が、大事だと思います。整形により助かる人もいますから。

二重整形の方法や効果について

大阪の二重整形は、種類やまぶたの状態によって費用は変わってきます。埋没法や切開法があり、埋没法はまぶたの皮の下をあとで数カ所とめるもので、切開法は部分的に切る方法と全部切る方法があり、どちらをするかにより料金も変わってきます。大阪の二重整形はバレてしまうのではないかと心配している人も多いのではないでしょうか。ほとんどの場合自然な感じの二重になり、二重整形していない自然な二重の人と同じような仕上がりになります。
また、手術自体に痛みはなく大阪で二重整形しようか迷っている人も痛みがないということを知れば迷わず二重整形することができるはずです。手術後2、3日は手術後の、痛みが少し残ってしまう可能性がありますが、人によって薬を飲まなければならない人と飲まずにいける人と様々です。手術時に痛みがあるのではないかと心配している人は痛みはないので安心して手術を受けることができます。手術後のアイメイクについては、抜き糸が済んでからの方が安心です。
また、あまり早い段階から洗顔でゴシゴシ洗ってしまうとダメージを与えてしまう可能性があります。とてもデリケートになっているので、力加減には気をつけて行う必要があります。手術自体は痛みもないので行いやすいと思いました。


目の小ささがコンプレックスだと感じているのなら二重整形大阪で大きな目に変えてもらうといいでしょう。二重整形はそれほどむずかしいものではないので、気軽に行うことができるでしょう。大阪で二重整形をして、コンプレックスを解消しましょう。

Recommended Post

CHOICES POST

二重整形でのメリットとデメリット

大阪で二重整形をする事によって良い事と悪いことがあります。今回は大阪で二重整形をする事のメリットでデメリットについて書いていきます。まずはメリット…

TOP